TOPIK Ⅱに申し込みました!

第53回TOPIKに申し込みました。

日本語で「韓国語能力検定試験」。
ハングルで「한국어능력시험」。

韓国語学習者の方であればご存知の方が多いと思います。

TOPIKってなに?

韓国語能力試験は、大韓民国政府(教育省)が認定・実施する唯一の韓国語(ハングル)試験です。

韓国語(ハングル)の教育評価を標準化し、韓国語(ハングル)学習者に学習方法を提示するとともに、韓国語(ハングル)の普及や、試験結果の学習・留学・就職等への活用などを目的に、世界70カ国以上で一斉に実施されています。

韓国語能力試験 | 韓国教育財団

英語を勉強している方なら馴染みのある、「TOEIC」の韓国語版と考えるとわかりやすいですね。

このTOPIKは「TOPIKⅠ(初級)」と「TOPIKⅡ(中級・上級)」に別れていて、「TOPIKⅡ(中級・上級)」の方が難しくなります。

実は2月の「TOPIKⅠ」を受けようと思っていたのですが、
申し込みをしそびれて、TOPIKを受けるのは今回が初めてです。笑

 

*TOPIKの詳しい説明については下記HPをご参照ください。

韓国語能力試験 | 韓国教育財団

 

来たるTOPIK試験日は?

次回のTOPIK試験日は7月16日(日)です。(既に受付終了)
受験料は3,500〜4,000円と、比較的安い方です。

ただ、申し込み締め切りが早いため、
韓国語学習者の方はチェックをお忘れなく!

(ちなみに次次回の試験日は10月22日です)

 

今回のTOPIKの目標級は4級です。
2016年12月、가나다라마바사から勉強し始めて早半年が経過。

人によっては半年で6級を取る方もみえるそうです。
しかし、現状の自分にはまだまだ6級は難しいため、
4級を目標にがんばりたいと思います。

 

TOPIK Ⅱ対策の書籍

TOPIK Ⅱ対策に購入した参考書は、hana出版から出ている下記の2冊。

 

「できる韓国語」シリーズと悩みましたが、
レビューを見てhana出版の方にしました。

 

ちなみに単語帳はコチラ。

「2000 Essential KOREAN WORDS」という、韓国の書店で買ったものです。
DARAKWONという韓国の出版社で、TOPIK関連の本を沢山出しているようです。

韓国の少し大きな書店へ行けば、このように外国人向けの本が販売されています。
他にも単語帳はありましたが、B5やA4サイズで、
分厚くて重くて「単語教科書」って感じ…。( ̄▽ ̄;)

この単語帳のいいところは、
2,000語収録されているところと、
音声に日本語が入っていないところ。
個人的に単語帳の音声には日本語訳いらない派なので重宝しています。

中身はこんな感じ▼

単語+意味+例文+イラスト。
例文が結構わかりやすいです。

この本は日本人学習者のみに限らず、、
「韓国語を勉強する外国人」に向けて作られているため、
中身を見ると、英語、中国語、日本語の訳が記載されています。

▼国内で買おうとすると割高なので、韓国へ行った時に購入することをオススメします。(韓国では23,000ウォン)

 

日本で有名なのは、キクタンシリーズですよね。
なぜキクタンにしなかったのかというと、
単純にDARAKWONの単語帳を先に買ったからです。笑
韓国で知り合った日本の大学生らはみんなキクタンシリーズを持っていました。

 

そんなわけで、もう1ヶ月とちょっと先に迫ったTOPIK試験。
なんとか目標級取れるようにガンバリマス。

(まだ2ヶ月くらいあると思ってた…)

ついでに押していっていただけると嬉しいです…!

にほんブログ村 海外生活ブログ 釜山情報へ

Related Entry

6月6日は韓国の公休日「顕忠日」

韓国でTOPIK受けてきた!

楽天トラベル航空券予約で名前を間違えた話

カンタン!iPhoneで韓国語を入力する方法

TOPIKの結果はいかに…

10月の釜山はイベント目白押し!