釜山へ留学するメリット5選

SPONSORED LINK

韓国留学で留学先を首都ソウルではなく、釜山にしてよかったなと思うことがいくつかあります。

というわけで今回は、留学先を釜山にすることのメリットをまとめてみました。

自分は語学留学のため、語学留学の場合のメリットを挙げています。

①ソウルより学費が安い

お金はやっぱり大事!ソウルの大学よりちょこっと安いです。物価もちょこっと安め。

 

②日本人が少ない

これは釜山留学の最大のメリット!!「日本人が少ない」!!(ソウルに比べて)

日本語を話せる人が少ない=相手に伝わる言語を話すしかない

という状況になるので、言語の上達も早まります。

韓国語はもちろん、英語or中国語を話せる人は学校で友達作りやすいと思います。なぜ中国語かというと、中国からの学生さんがとても多いからです。学校で韓国語を学び、中国の友達から中国語を教えてもらうという、この一石二鳥ぶり!!!

 

③海鮮料理がおいしい

海鮮に限らず韓国料理はどれも美味しいですが、海が近い釜山では獲れたて新鮮な海鮮料理が食べられます。でも生牡蠣などは美味しいからって食べ過ぎると当たるので注意してください。2度ほど当たった経験がありますw

 

④日本から近い(福岡は特に)

釜山⇄福岡 間は船が出ており、飛行機より安価で行き来可能です。時間は3時間くらい。

そして福岡は釜山の人たちに有名です。日本のどの都市知ってる?と聞くと福岡は高確率でヒットします。

 

⑤訛りがある

語学留学という点ではデメリットといえばデメリットなんですが、逆に言えば訛り学べるというメリットでもあります。(学校ではしっかり標準語を学べます。)

釜山訛りを覚えておくと、韓国の人たちのウケが良いです。

逆で考えるとわかりやすいですよね!海外の人が大阪弁で「なんでやねん」とか言ってたら面白いじゃないですか!

余談ですが、釜山大で日本語を勉強している学生さんは、提携大学がある福岡に留学してる方が多いです。そのため、福岡弁話されるんですよ。勢い余って「〜しとっと!」とか言うんです。とても可愛いと思います。

以上、釜山留学のメリット5選でした!!

SPONSORED LINK