韓国でTOEIC受験してきた【申込編】

SPONSORED LINK

韓国でTOEIC(Listening&Reading)を受けてきました。韓国で受験する場合の申し込み方法を書き残しておきます。

専用サイトのIDをつくる

韓国ではYBMという機関がTOEIC試験の運営をしています。
日本でTOEICを受ける場合のIIBCに当たりますね。

韓国のTOEICを申し込むにはYBMのIDを作る必要があります。

全て韓国語で、ID登録する際に「住民証(現地の人)」または「外国人登録証」が必要です。
私は外国人登録証がなかったため、電話で問い合わせをして登録専用の番号を発行してもらいました。

また、ID登録時に写真をアップロードするので、写真データが必要です。
証明写真を撮る際にデータももらっておくとこういう時に使えますね。
私はデータがなかったので、韓国で撮った証明写真をiPhoneで撮影してデータ化しました。

クレジットカードでお支払い

韓国の試験や学校のシステムはデジタル化が進んでいて、支払いは基本的にネット上で行います。

しかし、ここで問題発生です。
私は日本のクレジットカード(楽天のVISAカード)を持っているのですが、海外のネット決済はセキュリティの都合で制限がかかり、支払いが行えませんでした。
韓国で使ってるカードはデビットカードで、これもネット決済では使用できません。

結局、韓国の友人に決済をお願いしました。

受験価格は44,500ウォンでした。(2017年9月現在)

外国人登録証やカード払いの制限など、韓国在中で無いと、受験申し込みは難しいようです。

会場編に続きます↓

韓国でTOEIC(L&R)受験してきた【会場編】

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です